Excel 行・列の表示・非表示の方法

2019年5月1日

行や列はデータを残したままで、

一時的に非表示にすることが可能です。

有効な場面

非表示機能はシートには必要なものの

見える必要がないセルに有効です。

計算の途中状態のセルや、

関数使用に必要なセルなどが該当します。

可読性のために頻繁に表示・非表示を

繰り返す場合は非表示ではなく、

グループ機能での折りたたみ

ウインドウ枠の固定の方が適しています。

ウインドウ枠の固定 常に表示する必要のあるセルに適切項目行・列など
セルの非表示 表示する必要のないセルに適切計算途中の中間セルなど
アウトライン(折りたたみ)
基本的には非表示が良いが、
必要に応じて表示したいものに適切
行数が多い表の明細行など

列の非表示と再表示

非表示

非表示にしたい列を選択したうえで、

列を右クリックし非表示を選択します。

複数列を選択した場合、

選択した列全てが非表示となります。

右クリックメニューで非表示を選択
列の非表示結果
非表示列のある個所は二重線の境目となります。

再表示

非表示状態の列は直接、選択できません。

再表示したい列を含んだ状態で

複数列を選択し再表示を選択します。

右クリックメニューで再表示を選択
列の再表示結果

行の非表示と再表示

非表示

非表示にしたい行を選択したうえで、

行を右クリックし非表示を選択します。

複数行を選択した場合、

選択した行全てが非表示となります。

右クリックメニューで非表示を選択
列の非表示結果
非表示行のある個所は二重線の境目となります。

再表示

非表示状態の行は直接、選択できません。

再表示したい行を含んだ状態で

複数行を選択し再表示を選択します。

右クリックメニューで再表示を選択
行の再表示結果

関連記事

セルの非表示より便利な折りたたみ機能(アウトライン)の使い方と特徴

見出し行や列を常に表示する方法(ウインドウ枠の固定)

初心者向け記事まとめ