Excel 日付に対応する曜日を取得(WEEKDAY関数)

2019年5月24日

WEEKDAY関数は日付を指定し、

その日付に対応する0~7の数値を

表示する関数です。

主に他の関数や条件付き書式と

組み合わせて使用します。

仕様

WEEKDAY(シリアル値,種類)

<シリアル値>
日付データのセル、またはシリアル値を指定します。
<種類>
曜日と戻り値を指定します。
・1:日曜 = 1 ~ 土曜 = 7
・2:月曜 = 1 ~ 日曜 = 7
・3:月曜 = 0 ~ 日曜 = 6
~他にもあります。
省略した場合、 1を指定と同じになります。

サンプルファイル

使用例

シリアル値と曜日と種類(1と2)の対応です。

種類は最初の曜日がどこで、

0から始まるか1から始まるかだけの違いです。

よって用途によって使いやすいものを

選べば問題ありません。

シリアル値と曜日と種類(1と2)の対応例

関連記事

活用例

土日と祝日に色を自動設定

日付から曜日を自動表示

指定値に一致する最初の結果を表示(SWICTH関数)

1~254までに対応する値を表示(CHOOSE関数)

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする