Excel 1~254までに対応する値を表示(CHOOSE関数)

CHOOSE関数は1~254に

対応する結果を定義して

その通り表示する関数です。

ごく簡単な条件判定を

設定するのに適しています。

仕様

CHOOSE(インデックス,値1,~,値254)
<インデックス>
1~254の間の数値かセルを指定します。
<値1~254>
1~254に対応する値を設定します。
1と3しかない場合も
2の結果を設定する必要があります。
ここには数式や関数なども設定可能です。

使用例

代表的な例ではWEEKDAY関数と併用して

日付に対応する曜日を表示します。

CHOOSE関数とWEEKDAY関数で日付に対する曜日を表示する例

0以下や255以上といった

関数が対応していないインデックスや

結果の定義されていないインデックスは

#VALUEエラーになります。

この場合に「一致なし」などの

結果を定義したい場合は

IFERROR関数を使用します。

曜日を判定できない場合に「一致なし」と表示

CHOOSE関数以外の使用が適切な例

CHOOSE関数は簡単な式を

作ることに適しています。

複雑な判定が必要であったり

判定と結果の数が多くなる場合は

他の関数を使用することになります。

指定値に一致する最初の結果を表示(SWICTH関数)

文字列などを指定したい場合は

拡張版のSWITCH関数を使用します。

ただし2016より前の古い環境では

使用できない場合があります。

検索値に一致する行の特定列の値を取得(VLOOKUP関数)

値の種類が10件以上など

非常に多くなったり、

同じ構文のCHOOSE関数が

複数のセルに必要になる場合は

VLOOKUP関数で対応するほうが

管理しやすく数式の可読性も高いです。

複数の条件を指定し最初に合致する条件に対応する値を取得(IFS関数)

判定条件に〇〇以上などの数値範囲や

文字列を使用したい場合は

IFS関数が適切です。

関連記事

日付に対応する曜日を取得(WEEKDAY関数)

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする