Excel ヒストグラムを作成する方法(分析ツール、アドインなし)

2019年3月18日

概要

グラフとして用意されているヒストグラムの

使い勝手が良くなかったので

基本機能と別のグラフで作りました。

(COUNTIFS関数と折れ線・棒グラフ)

その方法を紹介します。

サンプルファイル

手順

データと度数分布表シートに作成

度数分布を出したいデータをシートに用意

度数分布を出すデータ

最大値と最小値を取得し階級幅を決める

シートを追加し、MAX関数でデータの最大値を

MIN関数でデータの最小値を求めます。

別シートにデータの最大値と最小値を取得する

最大値と最小値を元に階級幅を決めます。

今回は10階級に分けるため100とします。

加えて数式を見やすくするため、

セルに「階級幅」と命名しています。

階級幅を追加

度数分布表の項目行を作成

度数分布表のため下記の項目を用意します。

  • 下限
  • 上限
  • 階級
  • 件数
  • 累計
度数分布表に項目を用意

度数分布表のデータ行を作成

度数分布表に下記のように数式を入れていきます。

1行目を追加した度数分布表
=ROW()-7

8行目が1、9行目が2、10行目が3と
連番になるように数式を組みます。
1の行が違う場合は調整してください。
ROW関数を使わずにオートフィルや
足し算で連番を作っても構いません。
下限=(B8-1)*階級幅+1
上限=B8*階級幅
階級=C8&”~”&D8
件数=COUNTIFS(データ!$A:$A,”>=”&C8,データ!$A:$A,”<=”&D8)
累計=IF(B8=1,F8,G7+F8)

数式をコピー&ペーストします。

最大値が1000のため900~1000の階級が

出来るまでペーストします。

これで度数分布表が完成します。

度数分布表作成

グラフでヒストグラムを作成

グラフを追加

階級から累計を選択し縦棒グラフを作成し

新シートを追加、ペーストします。

階級~類型を選択
縦棒グラフを作成
縦棒グラフを作成
新シートを追加し、グラフをコピー&ペースト
新シートを追加し、グラフをコピー&ペースト

件数(棒グラフ)、累計(折れ線)の2軸複合グラフに変更

グラフを右クリックし

「グラフの種類の変更」を選択します。

「グラフの種類の変更」を選択
「組み合わせ」を選択

累計の設定を変更します。

グラフの種類折れ線
第2軸チェック
類型を「折れ線」の第2軸に変更

第2軸に設定すると値の大きさの違う系列が

同じ高さでプロットされます。

第2軸の設定完了

見た目を調整

書式を調整してヒストグラムに近づけます。

見た目だけの調整ですので

ここから先は必須ではありません。

まず棒グラフの系列を右クリックし、

「データ系列の書式設定」を選択します。

「データ系列の書式設定」を選択

要素の間隔を0%に変更します。

要素の間隔を0%に変更
要素の間隔を0%に変更後
要素の間隔を0%に変更した結果

棒グラフに黒の枠線を入れて境界を明確にします。

棒グラフに黒の枠線を設定

ヒストグラムの見た目に調整完了です。

ヒストグラム完成

関連記事