Excel VLOOKUP関数で複数列の抽出を行う方法

概要

VLOOKUP関数は検索結果として

1つの列(セル)を返します。

複数の列(セル)を返したい場合、

列番号を変えながら複数セルに

VLOOKUP関数を作ることになります。

コピーしたいところですが、

普通にコピーしてしまうと

列番号は増えず、そのままの数値で

コピーされてしまいます。

J4のVLOOKUP関数をK4とL4にコピー&ペーストした結果
J4のVLOOKUP関数をK4とL4にコピー&ペーストした結果

手作業で列番号を全て書き換えれば済みますが、

列が多くと手間がかかり、

間違える可能性も高くなります。

そのため記事では、この作業が

コピー&ペーストのみで済むように

数式を組む方法を紹介します。

手順

列番号の指定を数値でなく

下記の数式に変更します。

COLUMN() - 固定の調整列数

COLUMN関数はセルが

何列目になるかを数値で返す関数です。

ここではJ4の列番号を2としたいため

10(J列)から固定で8を引きます。

コピーすると数式は変わりませんが、

列が変わりCOLUMN関数の結果が増えるため

列番号も変わっていきます。

数式を作る際は別の行にCOLUMN関数の結果と

固定の調整列数(8)を引いた結果を表示すると

作成が容易になります。

これらは数式完成後に消して問題ありません。

またこれをVLOOKUP関数からセル参照して

非表示にして隠すのも有効です。

COLUMN関数を使用しVLOOKUP関数をコピーした結果
COLUMN関数を使用しVLOOKUP関数をコピーした結果

サンプルファイル

関連記事

VLOOKUP関数の記事一覧

セルの列と行の位置を取得(ROW関数とCOLUMN関数)