Excel 数値をドル($)形式の文字列に変換(DOLLAR関数)

DOLLAR関数は数値を指定し、

通貨形式の文字列に変換する関数です。

この記事ではDOLLAR関数の

仕様と実行例を紹介します。

仕様

DOLLAR(数値,桁数)
<数値>
ドル形式の文字列に変換する数値かセルを指定
<桁数>
表示桁数を指定します。
端数は四捨五入されます。

桁数

百の位-2
十の位-1
一の位0
小数点以下第1位1
小数点以下第2位2または省略

実行例

先頭にドル($)マーク、端数は四捨五入され、

3桁カンマ付文字列に変換されます。

数値以外は#VALUE!エラーとなります。

数値/桁数別、実行結果一覧

関連記事

同系の関数

数値を円(\)形式の文字列に変換(YEN関数)

数値をバーツ(タイの通貨)形式の文字列に変換(BAHTTEXT関数)

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする