Excel 指定期間内の年数、月数、日数を取得(DATEDIF関数)

概要

DATEDIF関数は二つの日付の間の

月数、月数、日数を計算する関数です。

この関数はLotus 1-2-3との互換性のために

残されている関数で「関数の挿入」では

一覧に表示されない関数です。

バグもあり今後、修正する予定がありません。

つまりサポートされない関数のため

使えなくなる可能性があります。(高くはないものの)

そのため可能な限り使用しない方がよいでしょう。

仕様

DATEDIF(開始日,終了日,単位)

<開始日>
期間を取得する開始日を指定。

<終了日>
期間を取得する終了日を指定。
開始日より過去の日付を指定すると#NUM!エラー

<単位>
計算方法を文字列で指定(後述)

単位の仕様

内容
Y期間全ての年数
M期間全ての月数
D期間全ての日数
YM年月を無視した月数
YD年月を無視した日数
MD年月を無視した日数
※修正予定なしのバグあり

代替手段

全ての機能を代替出来ませんが、

下記の関数を使用します。

日数が違う月同士の計算や閏年の扱いを

自分で調整できる利点もあります。

2つの日付の間の日数を取得(DAYS関数)

月を跨いで日付を計算する場合に使用します。(単位:D)

日時データより年月日時分秒を抽出する関数(YEAR、MONTH、DAY、HOUR、MINUTE、SECOND)

年数や月数を計算する場合に使用します。(単位:Y、YM)

単位:Mは年数を12で掛ける調整が必要です。

年、月、日を指定して日付(シリアル値)を取得(DATE関数)

DATE関数で年や月を合わせてから

DAYS関数で計算します。(YDとMD)

使用例

DATEDIF関数を使用した結果の例です。

単位別、DATEDIF関数の実行例

関連記事

関数の記事一覧