Excel 指定セル範囲に含まれる領域の数を取得(AREAS関数)

2020年5月5日

AREAS関数は指定セル範囲内に存在する領域の数を取得します。

これはセルの数ではなく連続した領域の数です。

セルの数を出す場合はCOUNTA関数COUNTBLANK関数の合計値を使用します。

この記事ではAREAS関数の仕様と使用例を紹介します。

仕様

=AREAS(参照)
引数省略時の値説明
参照省略不可領域の数を数える範囲を指定。

使用例

AREAS関数の使用例です。

参照にはセル範囲名や()で複数範囲を指定することが可能です。

関数の使用例

セル範囲名とセル背景色を合わせています。

セル範囲名の設定状態

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧

セル範囲に名前を定義。設定と編集・削除方法