Excel 任意の行数ごとに罫線のスタイルを変更する方法

表に罫線を引く場合、3行や5行ごとなど一定行数ごとに罫線を変えたい場合があります。

その場合の設定方法を紹介します。

手順

例として3行ごとに線を実線、それ以外を点線にします。(太線は条件付き書式では設定不可)

3行ごとに線を実線、それ以外を点線にするサンプルのキャプチャ

まず最初に表を用意し通常の書式設定で点線を設定します。

データ行に通常の書式設定で点線を引いた状態

次にデータの範囲をセル選択し「条件付き書式」より「新しいルール」を選択します。

データの範囲をセル選択し「条件付き書式」より「新しいルール」を選択する図解

「新しい書式ルール」ウインドウが表示されるため

MOD関数ROW関数を下記のように数式を設定します。

=MOD(ROW(),線を変える行数)=ヘッダー行の行数

今回の例ではヘッダーが1行の表で3行おきに線を変えたいのでこの数式になります。

=MOD(ROW(),3)=1
「新しい書式ルール」ウインドウに数式を設定するキャプチャ

「書式」ボタンを押下して「セルの書式設定」ウインドウを表示します。

そこで実線の罫線を下にのみ設定します。

なおここではスタイルだけでなく線の色も設定可能です。

「セルの書式設定」ウインドウで、下に実線を設定

そうすることにより3行おきに自動的に実線が引かれます。

3行おきに実線が引かれるキャプチャ

MOD関数の第二引数を5に変更すると5行おきに実線が引かれる状態になります。

=MOD(ROW(),5)=1
MOD関数の第二引数を5に変更するキャプチャ
5行おきに実線が引かれるキャプチャ

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

データ入力した行に罫線を自動的に引く方法