Excel 任意の行数ごとに罫線のスタイルを変更する方法

2019年12月3日

表に罫線を引く場合、3行や5行ごとなど

一定行数ごとに罫線を変えたい場合があります。

その場合の設定方法を紹介します。

手順

例として3行ごとに線を実線、

それ以外を点線にします。

(太線は条件付き書式では設定不可)

3行ごとに線を実線、それ以外を点線にするサンプルのキャプチャ

まず最初に表を用意し

通常の書式設定で点線を設定します。

データ行に通常の書式設定で点線を引いた状態

次にデータの範囲をセル選択し

「条件付き書式」より

「新しいルール」を選択します。

データの範囲をセル選択し「条件付き書式」より「新しいルール」を選択する図解

「新しい書式ルール」ウインドウが表示されるため

下記のように数式を設定します。

=MOD(ROW(),線を変える行数)=ヘッダー行の行数

今回の例ではヘッダーが1行の表で

3行おきに線を変えたいので

この数式になります。

=MOD(ROW(),3)=1
「新しい書式ルール」ウインドウに数式を設定するキャプチャ

「書式」ボタンを押下して

「セルの書式設定」ウインドウを表示します。

そこで実線の罫線を下にのみ設定します。

なおここではスタイルだけでなく線の色も設定可能です。

「セルの書式設定」ウインドウで、下に実線を設定

そうすることにより3行おきに

自動的に実線が引かれます。

3行おきに実線が引かれるキャプチャ

MOD関数の第二引数を5に変更すると

5行おきに実線が引かれる状態になります。

=MOD(ROW(),5)=1
MOD関数の第二引数を5に変更するキャプチャ
5行おきに実線が引かれるキャプチャ

関連記事

データ入力した行に罫線を自動的に引く方法

セルの列と行の位置を取得(ROW関数とCOLUMN関数)

割り算の結果の余りを取得(MOD関数)