UiPath データテーブルを出力 アクティビティ

「データテーブルを出力」はデータテーブルの内容を

CSV形式(列をカンマで区切り、行を改行コードで区切り)の

String型変数に書き出すアクティビティです。

この記事では機能と使い方を紹介します。

なおCSVや他形式(TSVなど)のファイルとして

保存したい場合は「CSVに書き込み」を利用します。

アクティビティの使い方

「プログラミング」、「データテーブル」より

「データテーブルを出力」を

デザイナーパネルの中にドロップします。

そして入力-データテーブルプロパティに

CSV変換するDataTable型変数を指定し、

出力-テキストプロパティに結果を受け取る

String型変数を指定します。

「プログラミング」、「データテーブル」より「データテーブルを出力」をデザイナーパネルの中にドロップ。入力-データテーブルプロパティにCSV変換するDataTable型変数を指定。CSV変換するDataTable型変数を指定し、出力-テキストプロパティに結果を受け取るString型変数を指定

今回はデータテーブルを構築アクティビティ

CSV変換するデータテーブルを作成します。

今回はこのようなデータで実行します。

データテーブルの内容

なおデータテーブルを作成する手段は複数あります。

Excel文字列など)

どのようなものがあるかは、

こちらにまとめてあります。

このシーケンスを実行するとデータテーブルの内容が

CSV形式に変換されて出力パネルに表示されます。

シーケンスの実行結果

プロパティ

共通

表示名
共通-表示名プロパティ

デザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示

入力

データテーブル

CSV形式に変換するDataTable型変数を指定します。

入力-データテーブルプロパティ

出力

テキスト

変換結果を受け取るString型変数を指定します。

出力-テキストプロパティ

その他

プライベート

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath データテーブル関連の記事一覧