UiPath 繰り返し(各行) アクティビティ

2020年10月5日

「繰り返し(各行)」はデータテーブル変数の全行に対して

一定の処理を行うための繰り返し(ループ)アクティビティで、

繰り返し(コレクションの各要素)のデータテーブル特化版です。

また流れの制御にブレークコンティニューが利用可能です。

この記事ではその使い方を紹介します。

アクティビティの使い方

また「プログラミング」、「データテーブル」より「繰り返し(各行)」を

デザイナーパネルの中にドロップします。

「プログラミング」、「データテーブル」より「繰り返し(各行)」をデザイナーパネルの中にドロップ

次にプロパティを設定します。

「入力-データテーブルプロパティ」に繰り返したいDataTable型変数を指定します。

プロパティの設定例

次に1行おきに行う処理を作成します。

「要素」に設定した変数名に1行分のデータが格納されます。(繰り返しごとに内容更新)

要素変数

「要素」はそのままでは使用できません。

行項目を取得アクティビティを使用して列の値を抽出する必要があります。

各列の値を抽出

行項目を取得の行プロパティに下のように指定します。

プロパティ設定値
入力-列名値を抽出する列の名前をStringで指定
入力-行繰り返しの要素変数(例ではrow)を指定
出力-値抽出結果を格納する変数を指定
変数の型は抽出する列に合わせる

これにより各行の値を処理することが可能になります。

この要素はDataRow型のためデータ行を追加データ行を削除の「入力-行プロパティ」に指定し、

他のデータテーブルに行をコピーする使い方も可能です。

プロパティ

共通

表示名プロパティ

デザイナーパネル上の表示名を設定します。

入力

データテーブルプロパティ

全行を繰り返すDataTable型変数を指定します。

出力

現在のインデックスプロパティ

現在が何行目かの番号を格納するInt32型の変数を指定します。

1行目が0から始まる連番です。

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事