Power Automate 「選択した行(Excel Online (Business))」トリガー

2020年9月2日

「ワークシートの取得(Excel Online (Business))」は

Excelテーブルの指定行に対して任意のタイミングで起動するトリガーです。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

そしてExcelにMicrosoft Flowを導入する必要があります。

Microsoft Flowを導入

Excelのメニューの「挿入」より「Officeアドイン」を選択します。

Excelのメニューの「挿入」より「Officeアドイン」を選択

「ストア」より「Microsof Flow for Excel(Preview)」の「追加」を選択します。

(上から4番目ほどにあります)

ストア」より「Microsof Flow for Excel(Preview)」の「追加」を選択

「続行」を選択します。

「続行」を選択

Flowの導入は完了です。Onlineとデスクトップアプリケーションの両方で利用できますが、

その場合、両方に同様の設定を行う必要があります。

利用方法

PowerAutomateの画面の「作成」より「インスタントフロー」を選択します。

PowerAutomateの画面の「作成」より「インスタントフロー」を選択

任意のフロー名を指定し、「選択した行」を選択し、「作成」をクリックします。

任意のフロー名を指定し、「選択した行」を選択し、「作成」をクリック

フロー作成画面に移行し「選択した行」ステップが表示されるのでオプションを設定します。

「選択した行」ステップ
項目必須説明
場所接続可能なOneDriveとSharePointの一覧が表示されるので
その中からフローの起動元とするテーブルのあるファイルを選択。
ドキュメントライブラリOneDriveの場合OneDrive、SharePointの場合、ドキュメントを選択
ファイル右のディレクトリアイコンのピッカーでファイルを選択。
ファイルパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定ファイルを削除してから、同名ファイルを作成しても別として扱われてしまいます。(再指定が必要)
テーブル「ファイル」の中に存在するテーブルの一覧が表示されるので
フローの起動元とするテーブルを選択します。
こちらも名前でなくIDのため一度テーブルを削除して
同名テーブルを作成しても別として扱われます。(再指定が必要

「入力の追加」を選択するとフローの起動時にExcelより入力値を受け取ることが可能です。

「入力の追加」を選択

「入力の追加」を選択すると入力形式を選択します。

左の欄は入力値の名前です。後続ステップで動的なコンテンツとして格納されます。

右の欄はトリガー起動時に表示される入力欄の説明文です。

入力値の表示

後続のステップでは入力値とテーブルの項目が動的なコンテンツとして指定可能です。

テーブル項目には選択行の項目の値が格納されます。

後続のステップでは入力値とテーブルの項目が動的なコンテンツとして指定可能

フローの設定をしたら保存します。

フローの起動

「テーブル」オプションで指定したテーブルのセルを指定し、

メニューの「データ」より「Flow」を選択します。

最初に起動する場合はOffice365のログインを行う必要があります。

メニューの「データ」より「Flow」を選択

実行可能なフローの一覧が表示されるので実行するフローの実行ボタンをクリックします。

実行可能なフローの一覧が表示されるので実行するフローの実行ボタンをクリック

入力値を指定して「フローの実行」を選択するとフローが起動します。

入力値を指定して「フローの実行」を選択するとフローが起動

Onlineでもデスクトップでも起動手順は同様です。

関連記事

Power Automate インスタントフローを作成

Power Automate トリガーの使い方の記事一覧

Power Automate 「Excel Online (Business)」の記事一覧

活用例

Power Automate 「選択した行に関する行を別のスプレッドシートに作成する」テンプレートの利用方法