Power Automate インスタントフローを作成

2020年8月13日

Power Automateを動かす方法には複数あります。

「インスタントフロー」はそのうちの一つでWebブラウザやモバイル端末から

ボタンをクリックすることで起動されるフローです。

(Excelなどのアプリケーションから起動する場合もあります)

使い方

Power Automateにアクセスし「作成」より「インスタントフロー」を選択します。

「作成」より「インスタントフロー」を選択

「自動フローの作成」が表示されるのでフロー名(ファイル名相当のもの)と

トリガー(フローの起動条件)を指定し「作成」ボタンをクリックすると

具体的な仕事、フローの作成が始まります。

フロー名(ファイル名相当のもの)とトリガー(フローの起動条件)を指定

今回は任意のタイミングでメールを送信するサンプルを作成します。

それには、まず「Office 365 Outlook」コネクタを選択します。

「Office 365 Outlook」コネクタを選択

メールの送信」をクリックします。

「メールの送信」をクリック

任意の宛先、件名、本文を指定します。

最後に「保存」をクリックするとフローが保存されます。

「保存」をクリック

パソコンのブラウザからフローを起動する場合、Power Automateにアクセスし

「マイフロー」の「実行」ボタンをクリックします。

さらに次の画面で「フローの実行」ボタンをクリックします。

(今回の例では固定のメールが送信される)

「フローの実行」ボタンをクリック

モバイル端末からフローを起動する場合は、「Microsoft Flow」のインストールが必要です。

「Microsoft Flow」のメニューのボタンをタップすると

フローが表示するのでタップするとフローが起動します。

(今回の例では固定のメールが送信される)

関連記事

選択したファイルの場合(OneDrive For Business)トリガー

選択した行(Excel Online (Business))トリガー

利用例

Power Automate 「10 分後に通知を送信する」テンプレートの利用方法

現在の場所の今日の天気予報を取得する

Excel Online (Business) スプレッドシートで稼働時間を追跡

Power Automate 初心者向けの記事一覧