Power Automate インスタント クラウド (手動)フローを作成

2021年11月7日

Power Automateを動かす方法には複数あります。

「インスタント クラウド (手動)フロー」はそのうちの一つでWebブラウザやモバイル端末から

ボタンをクリックすることで起動されるフローです。

(Excelなどのアプリケーションから起動する場合もあります)

使い方

Power Automateにアクセスし「作成」より「インスタントフロー」を選択します。

「インスタント クラウド フローの作成」が表示されるのでフロー名(ファイル名相当のもの)と

トリガー(フローの起動条件)を指定し「作成」ボタンをクリックすると

具体的な仕事、フローの作成が始まります。

今回は任意のタイミングでメールを送信するサンプルを作成します。

それには、まず「Office 365 Outlook」コネクタを選択します。

「Office 365 Outlook」コネクタを選択

メールの送信」をクリックします。

「メールの送信」をクリック

任意の宛先、件名、本文を指定します。

最後に「保存」をクリックするとフローが保存されます。

「保存」をクリック

パソコンのブラウザからフローを起動する場合、Power Automateにアクセスし

「マイフロー」の「実行」ボタンをクリックします。

さらに次の画面で「フローの実行」ボタンをクリックします。

(今回の例では固定のメールが送信される)

「フローの実行」ボタンをクリック

モバイル端末からフローを起動する場合は、「Microsoft Flow」のインストールが必要です。

「Microsoft Flow」のメニューのボタンをタップすると

フローが表示するのでタップするとフローが起動します。

(今回の例では固定のメールが送信される)

関連記事

利用例

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

Power Automate 初心者向けの記事一覧