Power Automate 「メールの送信(SMTP)」アクション

2021年11月7日

「メールの送信(SMTP)」は任意のタイミングでメールを送信するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「SMTP」コネクタを選択します。

「アクション」より「メールの送信」を選択します。

最初に利用する場合は接続設定が必要なので

プロバイダなどから提供される情報を入力しましょう。

接続名はPowerAutomateに保存される任意の名前です。

メールアドレスの一部などのメールが送信されるか分かる名前がよいでしょう。

保存した接続名はマイ コネクションに表示されます。

新しい接続の追加を行うとログイン先を登録できます。

「メールの送信」ステップが追加されるのでパラメーターを設定します。

項目省略時の値説明
差出人省略不可メールの差出人アドレス(From)を指定
宛先省略不可メールの送信先アドレス(To)を指定
件名省略不可メールのタイトルを指定
本文省略不可メールの本文を指定。
変数中に改行を入れる場合は<br>タグの指定が必要
差出人Office365のコネクタに設定したユーザメールの差出人(Office365ユーザ)を指定
CC空白メールの送信先アドレス(CC)を指定
BCC空白メールの送信先アドレス(BCC)を指定
添付ファイルの名前「添付ファイル コンテンツ」指定時、省略不可添付ファイル名を指定。複数指定可
添付ファイル コンテンツ空白添付ファイルの内容を指定。
ファイル関連アクションの動的コンテンツの「ファイル コンテンツ」。
複数指定可。
重要度Lowメールの重要度を指定
・Low
・Normal
・High
開封確認メッセージ空白開封確認のメールアドレスを指定します。
配信確認メッセージ空白配信確認のメールアドレスを指定します。

差出人と宛先のメールアドレスはENTERキーで確定させて

下のような状態にしないと指定しても削除されてしまいます。

Outlookのメールアドレス指定例

最低限、差出人、宛先、本文、件名を指定して保存し、

フローを起動すればメールが送信されます。

このメールはメーラーを利用しないため

差出人のメールボックスに送信済みアイテムとして残りません。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事