Power Automate メールを送信する方法

2021年1月4日

この記事ではPower Automateでメールを送信する方法を紹介します。

手順

まずメールの送信するフローの起動条件を決めます。

(フローの完了通知などに用いることも多いでしょう)

詳細な利用方法は各記事に記載しています。

フロー特徴
スケジュール済みクラウド フロー毎日・毎時など任意の周期で起動
インスタント クラウド (手動)フローブラウザやFlowをインストールしている端末から
任意のタイミングで起動
自動化したクラウド フローを作成メール受信やファイル更新(トリガー一覧)など
規定の動作に合わせて起動。
フローの起動条件一覧

次にメールを送信する手段(アクション)を決めます。

詳細な利用方法は各記事に記載しています。

アクション特徴
メール通知を送信する(メール)Power Automateのメール送信機能です。
メーラーと紐づいているわけではないので、
送信済みアイテムなどには残りません。
また差出人はmicrosoft@powerapps.com、
重要度は普通で固定です。

多少制限はありますが、使い勝手は良いでしょう。
メールの送信(Gmail)Gmailコネクタのログインユーザの
メールアドレスを差出人にして送信します。
重要度は選択可能です。
メールの送信(Office 365 Outlook)Outlookコネクタのログインユーザの
メールアドレスを差出人にして送信します。
重要度は選択可能です。
メール通知を送信する(Notifications)本文とタイトルのみ指定可能です。

宛先がPower Automateのログインユーザで固定のため
エラー通知が主な利用方法でしょう。
(そちらも他のアクションの方が…)
メールの送信(SMTP)SMTPサーバ情報を登録した上で、
差出人や宛先、本文を指定してメールを送信します。
メーラーと紐づいているわけではないので、
送信済みアイテムなどには残りません。
メールを送信する手段一覧

返信や転送を行うアクションも存在します。

アクション特徴
メールに返信します(Gmail)Gmailコネクタのログインユーザの
受信メールに対して返信します。
メールに返信する(Office 365 Outlook)Outlookコネクタのログインユーザの
受信メールに対して返信します。
メールの転送(Office 365 Outlook)Outlookコネクタのログインユーザの
受信メールを転送「します。
メールを返信・転送する手段一覧

もしファイルを添付する場合はファイルコンテンツを使う特有な仕組みで

所見ではわかりづらいです。添付の方法はこちらにまとめています。

関連記事