Power Automate 「ファイルのコピー(SharePoint)」アクション

「フォルダーの一覧(SharePoint)」はSharePointのフォルダに

保存されているファイルを複製するアクションです。

同じグループでも、別のグループ間でもコピー可能です。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「SharePoint」コネクタを選択します。

「アクション」より「ファイルのコピー」を選択します。

「ファイルのコピー」ステップが追加されるのでパラメーターを設定します。

項目必須説明
現在のサイト アドレスコピー元のフォルダの属するSharePointのグループを指定します。
コピーするファイルピッカーで指定するか、他のアクションの動的なコンテンツからIDを指定します。
/Shared Documents/の下のファイルを指定することが多いでしょう。

ピッカーで指定した場合はファイルパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定ファイルを削除してから、同名ファイルを作成しても別として扱われてしまいます。
(ファイルが存在しないエラーとなるので、フロー上で再指定が必要)
送信先サイト アドレスコピー先のフォルダの属するSharePointのグループを指定します。
インストール先フォルダーピッカーで指定するか、他のアクションの動的なコンテンツからIDを指定します。
/Shared Documents/の下のフォルダーを指定することが多いでしょう。

ピッカーで指定した場合はフォルダーパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定フォルダーを削除してから、同名フォルダーを作成しても別として扱われてしまいます。
(フォルダーが存在しないエラーとなるので、フロー上で再指定が必要)
別のファイルが既に存在する場合コピー先に同一ファイル名のファイルが存在する場合の扱い方です。
・Copy with a new name…新しいファイル名でコピーします。
・Fail this action…コピーせず、フローをエラーで終了します。
・Replace…コピーするファイルで上書きします。

動的なコンテンツ

コピー結果のファイルの情報を取得します。代表的な項目は以下の通りです。

項目変数の種類内容
Id文字列空白。
ItemId文字列ファイル識別子。
Name文字列ファイル名。
拡張子は式で抽出します。
Path文字列ファイルのフルパス。
MediaType文字列ファイルのMINEタイプ
IsFolderブール・True … フォルダー
・False … ファイル
LastModified文字列日時最終更新日時
Size整数ファイルのバイト数
SharePointファイルのメタデータ一覧

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事