Excel 日付の計算方法まとめ

Excelで翌日・前日などの日付を計算する方法を紹介します。

計算方法

翌日(N日後)・前日(N日前)

未来の日付を計算する場合は日付に日数を加算します。(+2とすると2日後)

過去の日付を計算する場合は日付に日数を減算します。(-2とすると2日前)

1日に減算、月末日に加算して月を跨いでも正常に計算できます。

翌月(N月後)・前月(N月前)

YEAR関数MONTH関数DAY関数DATE関数を利用します。

=DATE(YEAR(日付),MONTH(日付)+月数,DAY(日付))

月数を加算するとNか月後、減算するとNか月前になります。

年末年始を跨いでも正常に計算されます。

日数の違う月の場合はEDATE関数のほうが都合がよい場合があります。

翌年(N年後)・前年(N年前)

月の計算と同様です。加算減算を年の部分で行います。

=DATE(YEAR(日付)+年数,MONTH(日付),DAY(日付))

日付の曜日

月初日

DATE関数の日付部分に1を指定すると月初日になります。

=DATE(YEAR(日付),MONTH(日付),1)

月末日(月最終日)

月末を出すには翌月の初日を出して、その1日前を計算します。

=DATE(YEAR(日付),MONTH(日付)+1,1)-1

最終営業日