Power Automate Desktop 「Excel ワークシートに列を挿入」アクション

2021年6月26日

指定の1列を追加するアクションです。

利用方法

まず「Excelの起動」か「実行中のExcelを添付」に対象のファイルを指定し、

「アクション」の「Excel」、「詳細」より

「Excel ワークシートに列を挿入」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

Excel インスタンス

対象のExcelファイルを「Excelの起動」か「実行中のExcelを添付」で

生成された変数を指定します。

指定した列に挿入します。

例えば次のようなブックに対して2を指定します。

実行すると2列目に空行が追加されます。

生成された変数

このアクションには存在しません。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

列指定の不正など、何らかの理由で列挿入に失敗するとエラーが発生します。

関連記事

「Excel」の使い方の記事一覧

Excel 行・列を挿入・削除する方法