Power Automate 「タイムゾーンの変換(日時)」アクション

2021年11月30日

convertTimeZone()と同様に日時のタイムゾーンを変更するアクションです。

この記事では、その使い方と機能を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「日時」コネクタを選択します。

「アクション」より「タイムゾーンの変換」を選択します。

「タイムゾーンの変換」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

項目省略時の値説明
基準時間省略不可変換対象の日時を指定します。
書式設定文字列省略不可後述
変換元のタイムゾーン省略不可変換元のタイムゾーンを指定します。
現在の時刻」アクションで取得した日付は
「(UTC)協定世界時」です。
変換先のタイムゾーン 省略不可 変換後のタイムゾーンを指定します。
日本の日付の場合は
「(UTC + 09:00)大阪、札幌、東京」です。

書式設定文字列は既定のパターンから選択する形式ですが、

検証した時点(2021/11/21)では説明と結果が一致しません。

そのためカスタム入力で任意の形式を指定しましょう。

また「現在の時刻」アクションの結果と同じ形式も存在しません。

この形式に変換する場合は yyyy-MM-ddTHH:mm:ss.fffffffKZ を指定します。

動的なコンテンツ

後続のステップで利用できる動的なコンテンツは変換後の時間です。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

関連記事

前日・月初日・月末日・月の日数を取得する方法

「日時」の記事一覧

日付(日時)データの扱い方

活用例・テクニック

Outlookメールの抽出対象を日付範囲で指定