Power Automate 「過去の時間の取得(日時)」アクション

getPastTime()と同様に、現在時刻より過去の日時を取得するアクションです。

この記事では、その使い方と機能を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「日時」コネクタを選択します。

「アクション」より「過去の時間の取得」を選択します。

「過去の時間の取得」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

項目省略時の値説明
間隔省略不可現在時刻より遡る時間を指定します。
単位は次のオプションで指定します。
時間単位省略不可遡る時間の単位を選択します。
(月、週、日、時間、分、秒)

動的なコンテンツ

後続のステップで利用できる動的なコンテンツは過去の時間です。

UTC(協定世界時)のため日本で扱う場合は日本のタイムゾーンに変更する必要があります。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

関連記事

「日時」の記事一覧

日付(日時)データの扱い方