Power Automate 「contains」関数(テキストの存在)

2022年4月17日

containsはPower Automateの式に使用する関数で、

指定テキストが含まれているかを調べる関数です。

indexOfと役割が似ていますが、次のような差があります。

関数結果英字の大文字/小文字の区別
containsブール
・存在するか(True)
・存在しない(False)
区別する
indexOf見つかった文字数区別しない

containsはこれとは別に配列内に指定要素が存在するか調べる同名の関数も存在します。

仕様

contains('<text>', '<value>')
引数省略時の値説明
text省略不可調べる対象のテキスト
value省略不可検索するテキスト
各引数の詳細

利用方法

多くの場合、「条件」の中で利用されます。

その後のアクションで結果を使用するために、

種類が「ブール値」の変数の初期化か設定の際の「値」の中でも頻繁に利用されます。

「式」タブ、containsをクリックすると関数名と()が数式欄にセットされます。

次のような表示になれば設定完了です。

この紫のアイコンをクリックすると関数を変更可能です。

例のように contains('abcdef’,’cd’) とすると、

「abcdef」の中に「cd」が含まれるため結果は True(はい) になります。

動的なコンテンツや変数を利用する場合は特殊な指定を行います。

動的なコンテンツを式で取得する方法

containsは大文字・小文字を区別するため、contains('abcDef’,’Cd’) ではFalse(いいえ)になります。

この関数(または変数)を「条件」の左、

中央に「次の値に等しい」、右に「true」を設定した場合、

「はいの場合」がTrue(指定のテキストが存在する)、

「いいえの場合」がFalse(指定のテキストが存在しない)の動作になります。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

文字列関数の記事一覧