Power Automate 「if」関数

notはPower Automateの式に使用する関数で、

式の結果がTrueかFalseかによって返す値を変える関数です。

判定の結果によって複数のアクションを実行する場合や、

実行するアクションが異なる場合は「条件」を利用しますが、

数値やテキストが異なるだけの場合はif関数の方が簡潔になるため適切です。

ExcelのIF関数と、ほぼそのままな働きをします。

仕様

if(<expression>, <valueIfTrue>, <valueIfFalse>)
引数省略時の値説明
expression省略不可判定対象とするブール変数または関数
(結果がTrueかFalseになるもの)
valueIfTrue省略不可expressionがTrueとなる場合の結果。
テキストでも数値でも可能。
valueIfFalse省略不可expressionがFalseとなる場合の結果。
テキストでも数値でも可能。
各引数の詳細

利用方法

多くの場合、変数の初期化か設定の「値」の中で利用されます。

「種類」は返す値によって変わります。

「式」タブ、ifをクリックすると関数名と()が数式欄にセットされます。

その中に最初の引数として論理式または関数、2つ目の引数の論理式がTrueの場合の結果、

3つ目の引数としてFalseの場合の結果を指定します。

2つ目と3つ目の結果がテキストであれば’で囲みます。

動的なコンテンツや変数を利用する場合は特殊な指定を行います。

動的なコンテンツを式で取得する方法

今回のサンプルはシンプルですが多くの場合、

他の論理関数と組み合わせた複雑な論理式で利用します。

OKボタンをクリックして次のような表示になれば設定完了です。

この紫のアイコンをクリックすると関数を変更可能です。

例のように if(true,1,2) とすると、結果は1になります。

最初の引数がFalseであれば結果は2となります。

例えば「メールの送信」に組み込む場合、条件の結果により

送信先、件名、本文などを切り替えるような使い方が可能になります。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

論理関数の記事一覧