Excel 指定値が表に存在するかを確認する方法

2021年11月6日

特定の値がリストの中に含まれているかの存在チェックを行いたい場面があります。

この記事では存在チェックをCOUNTIF関数IF関数を使用して実現する方法を紹介します。

設定例

COUNTIFとIF関数を使用して存在チェックを行う例(存在する場合)
検索値が存在する場合
COUNTIFとIF関数を使用して存在チェックを行う例(存在しない場合)
検索値が存在しない場合

E2~E5セル(検索対象の表)の中に、C2セルに値が存在するか否かを

存在すれば〇、存在しなければ×をC3セルに表示する例です。

存在チェックを行うC3セルは下記のような数式になります。

=IF(COUNTIF(検索対象の範囲,検索値)>0,存在する場合の表示,存在しない場合の結果)

今回は条件が一つのためCOUNTIF関数を使用しましたが

COUNTIFS関数でも同じことが可能です。

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

VLOOKUP関数で「あれば〇」「なければ×」を表示する方法