Excel 指定値が表に存在するかを確認する方法

2019年12月3日

特定の値がリストの中に含まれているかの、

存在チェックを行いたい場面が

発生することがあります。

この記事では存在チェックを

COUNTIF関数とIF関数を使用して、

実現する方法を紹介します。

設定例

COUNTIFとIF関数を使用して存在チェックを行う例(存在する場合)
検索値が存在する場合
COUNTIFとIF関数を使用して存在チェックを行う例(存在しない場合)
検索値が存在しない場合

E2~E5セル(検索対象の表)の中に、

C2セルに値が存在するか否かを

存在すれば〇、存在しなければ×を

C3セルに表示する例です。

存在チェックを行うC3セルは

下記のような数式になります。

=IF(COUNTIF(検索対象の範囲,検索値)>0,存在する場合の表示,存在しない場合の結果)

今回は条件が一つのため

COUNTIF関数を使用しましたが

COUNTIFS関数でも同じことが可能です。

どちらを使用しても支障はありませんが

MIN関数とMAX関数には

MINIFS・MAXIFSのみ追加されて

MINIF・MAXIFが追加されなかったため

COUNTIFSを使用する方が

統一性があるため推奨します。

関連記事

VLOOKUP関数で「あれば〇」「なければ×」を表示する方法

使用した関数の詳細

検索条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIF関数)

複数の条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIFS関数)