Excel 印刷出来ない文字を削除する(CLEAN関数)

概要

セル内改行やタブ(TAB)文字、

他のアプリケーションやOSから

インポートした場合に

含まれていた制御文字などを

削除した文字を返す関数です。

この記事ではCLEAN関数の仕様と

実行例を紹介します。

仕様

CLEAN(文字列)

<文字列>
対象の文字列やセルを指定します。

実行例

セル内改行とタブ(TAB)文字を

削除する場合の実行例です。

CLEAN関数の実行例(セル内改行とタブ(TAB)文字の削除)

タブ(TAB)文字は見えませんが、

メモ帳などに張り付けると

空白として表示されます。

B3セルをメモ帳に張り付けた例
B3セルをメモ帳に張り付けた例
C3セルをメモ帳に張り付けた例
C3セルをメモ帳に張り付けた例

関連記事

関数の活用例

セル内改行の挿入・削除・置換の方法

2つの文字列が同じかを比較(EXACT関数)

数値コードに対応する文字を取得(CHAR関数)

関数の記事一覧