Excel 2つの文字列が同じかを比較(EXACT関数)

2019年5月18日

概要

EXACT関数は2つの文字列を比較し、

一致すればTRUEを、

そうでなければFALSEを返します。

この記事では関数の仕様と

=(イコール)による

比較との違いを紹介します。

仕様

EXACT(文字列1,文字列2)

<文字列1,文字列2>
比較したい文字列またはセルを指定します。

結果の例

=(イコール)による比較と

同様の働きをしますが、

下記のようなケースで

結果が異なります。

「半角文字の数字」と「数値」の比較・=ではデータ型が違うと別と判定
・EXACT関数では数値が一緒であれば同じと判定
アルファベットの大文字と小文字・=では大文字と小文字を区別しない
・EXACT関数では大文字と小文字を区別する
EXACT関数の実行結果の例と=(イコール)による比較との違い
実行結果の例

結果として論理値(TRUE・FALSE)を返すため

主にIF関数に組み込んで使用します。

比較がうまく行かない場合

どちらかのセルに目には見えない文字が

含まれている可能性があります。

その場合はLEN関数で

文字数が同じかどうか調べるか

CLEAN関数で特殊な文字を

削除してから比較しましょう。

関連記事

IF系関数とその関連機能の記事一覧

関数の記事一覧