Excel 単語間のスペースを1つ残して、単語間と前後の不要なスペースを削除(TRIM関数)

概要

TRIM関数は文章に不要なスペースを

全て削除する関数です。

他のアプリケーションから取り込んだり

大量に手入力されたデータを

綺麗にする事に適しています。

仕様

TRIM(文字列)

<文字列>
不要なスペースを削除する文字列を指定します。

実行例

TRIM関数の実行結果の例です。

見た目では削除がわかりにくいので

LEN関数で文字数を表示しています。

全角、半角、TAB文字の織り交ざった実行結果

前後にあるスペースは

半角・全角を問わず削除されます。

間のスペースは半角全角を問わず

1つ残しで削除されますが、

全角と半角スペースが混在する場合、

先頭のスペースが残ります。

TAB文字は削除されないので

CLEAN関数かSUBSTITUTE関数を

使用しましょう。

関連記事

活用例

郵便番号・電話番号に-(ハイフン)を入れる方法、削除する方法

類似機能の関数

特定の文字列を置換(SUBSTITUTE関数)

置換文字列に””を指定すると

任意の文字を全削除できる関数です。

印刷出来ない文字を削除する(CLEAN関数)

TAB文字などの制御文字を全削除する関数です。

関数の記事一覧