Excel 数値コードに対応する文字を取得(CHAR関数)

2019年5月30日

文字として表示されているものも

コンピュータの内部的には

数値として扱われています。

CHAR関数は数値を指定し、

対応する文字を取得する関数です。

CODE関数とは逆の動きをします。

仕様

CHAR(数値)

<数値>
対応する文字を取得する数値かセルを指定します。

サンプルファイル

使用例

数式と結果の例です。

数式と結果の例

単独で利用する機会は少ないですが、

数式に特殊な文字を

入れたい場合に使用します。

セル内改行CHAR(10)
タブ(TAB)文字CHAR(9)

関連記事

活用例

セル内改行の挿入・削除・置換の方法

アルファベットをオートフィルで連続入力する方法(ユーザ設定での方法と関数での方法)

印刷出来ない文字を削除する(CLEAN関数)

区切り文字を指定し文字列を連結(TEXTJOIN関数)

併用でタブ区切りテキスト(TSV)形式を作成

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする