Excel 数値コードに対応する文字を取得(CHAR関数)

概要

文字として表示されているものも

コンピュータの内部的には

数値として扱われています。

CHAR関数は数値を指定し、

対応する文字を取得する関数です。

CODE関数とは逆の動きをします。

仕様

CHAR(数値)

<数値>
対応する文字を取得する数値かセルを指定します。

サンプルファイル

使用例

数式と結果の例です。

数式と結果の例

単独で利用する用途は殆どない関数です。

関連記事

活用例です。