Excel 指定月の日数と営業日数を取得する方法

2021年11月10日

例えば月内の合計がある時に日毎の平均値を求めたい場合があります。

その場合、その月が何日なのかを把握する必要がありますが、

Excelにはその関数が存在しません。

この記事では任意の月の日数を取得する方法を紹介します。

手順

月内の日数

DAY関数EOMONTH関数を使用します。

=DAY(EOMONTH(指定日付,0))

EOMONTH関数に0を指定すると指定日付の最終日になるので

日をDAY関数で取り出せば月の日数になります。

月の日数を算出する例

月内の営業日数

NETWORKDAYS関数DATE関数EOMONTH関数

YEAR関数、MONTH関数を使用します。

祝日は別途、シートを用意する必要があります。

=NETWORKDAYS(DATE(YEAR(指定日付),MONTH(指定日付),1),EOMONTH(指定日付,0),祝日のセル範囲)

DATE関数で1日の日付を作りEOMONTH関数で作った月末の日付と

NETWORKDAYS関数で期間中に含まれる営業日を算出します。

月の営業日数を算出する例

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

祝日一覧(毎年更新)

祝日シートはこちらのものを使用できます。

Power Automate Desktop 指定月の最終営業日を取得する方法