Excel プルダウンリストから項目を選択して自動反映する方法

2021年10月14日

商品台帳などのリストがある場合、プルダウンリストによって入力し、

そこから必要な項目を検索することで入力ミスを防ぐことが可能で、

見積もりや注文票を作成する際に有効です。

この記事ではVLOOKUP関数入力規則のドロップダウンリストを連動させる方法を紹介します。

XLOOKUP関数でも同様の手順で対応可能です。

手順

サンプルとして下のような一覧表シートを用意します。

一覧表シート

次に検索用のシートを用意します。

このシートでは商品を選ぶと自動で価格を取得します。

検索シート。商品を選択して価格を取得する

入力規則(プルダウン)を設定

検索シートのプルダウンを設定するセルを選択し「データの入力規則」を選択します。

検索シートのプルダウンを設定するセルを選択し「データの入力規則」を選択

「データの入力規則」が表示されるので「入力値の種類」を「すべての値」から「リスト」に変更します。

次に「元の値」入力欄の「↑」ボタンを押し、一覧表の「商品」の範囲を選択します。

データの入力規則を編集。「入力値の種類」を「すべての値」から「リスト」に変更。「元の値」入力欄の「↑」ボタンを押し一覧表の「商品」の範囲を選択

これにより「検索」シートで商品をプルダウン入力することが可能になります。

「検索」シートで商品をプルダウン入力

VLOOKUP・XLOOKUP関数を設定

次にVLOOKUP関数XLOOKUP関数で価格の検索する数式を作成します。

それには価格を表示するセルに下記の数式を設定します。

VLOOKUP関数の場合

=VLOOKUP(プルダウンのセル,一覧表の範囲を絶対参照,1から始まる列番号,FALSE)
引数設定値
検索値検索キーとなる「B3」セルを指定します。
範囲商品一覧「表!$B$3:$C$6」を指定します。
下にオートフィルするためセルは絶対参照にします。
列番号価格は一覧表の2番目の項目のため
「2」を指定します。
検索方法「FALSE」を指定します。
省略やTRUEだと意図しない検索が
行われてしまいます。

XLOOKUP関数の場合

=XLOOKUP(プルダウンのセル,検索範囲を絶対参照,表示範囲を絶対参照)
引数設定値
検索値検索キーとなる「B3」セルを指定します。
検索範囲商品一覧の「表!$B$3:$B$6」を指定します。
下にオートフィルするためセルは絶対参照にします。
表示範囲商品一覧の「表!$C$3:$C$6」を指定します。
下にオートフィルするためセルは絶対参照にします。
VLOOKUP関数入力

数式が完成したら作成した行を必要な分だけオートフィルすれば完成です。

作成した行を必要な分だけセルコピーすれば完成

終わりに内容が難しい方や更なる上達をしたい方に

XLOOKUP(VLOOKUP)関数は複雑な機能であり

数式を組むために必要な思考がプログラミングに非常に近いため

より数式を理解できるようになりたい、使いこなしたいといった場合には

実はプログラミングの学習をすることが上達の近道です。

しかしプログラミングの学習は独学では最初の一歩が難しいです。

かく言う筆者も最初は専門学校で学びました。

(コツさえ掴めばあとは自習で出来るようになりますが)

そのため何から始めたらいいかわからない、または何度も挫折したという方には

プログラミングスクールの活用がおすすめです。

関連記事

入力規則によるプルダウン(ドロップダウン)リストの記事一覧

XLOOKUP(VLOOKUP)関数の使い方・活用方法の記事一覧