Excel SUMIF関数やCOUNTIF関数で「以上」「以下」を指定する方法

2021年11月6日

判定付きの集計関数で「以上」や「以下」や「〇〇以上~〇〇以下」といった

大小比較での検索条件を指定する方法を紹介します。

手順

〇〇より多い、〇〇より少ない、〇〇以上、〇〇以下

文字列で比較演算子(大小記号と等号)を左側に指定します(右側は×)。

判定式をそのまま文字列で指定するイメージです。

計算検索条件
〇〇より多い“>〇〇"
〇〇より少ない“>=〇〇"
〇〇以上“<〇〇"
〇〇以下“<=〇〇"

※=は大小符号の後ろである必要があります。=<や=>では動きが変わります。

〇〇より多い、〇〇より少ない、〇〇以上、〇〇以下の指定例

〇〇以上(より多い)~〇〇以下(より少ない)

複数条件判定(SUMIFS関数など)の場合

SUMIFS関数COUNTIFS関数が使用可能なExcelバージョンで

検索条件1と2に続けて判定式を記述します。

今回の例で3以上から7以下をCOUNTIFS関数で指定する例です。

=COUNTIFS($B$3:$B$12,">=3",$B$3:$B$12,"<=7")
〇〇以上(より多い)~〇〇以下(より少ない)。複数条件判定(SUMIFS関数など)の場合

単独条件判定(SUMIF関数など)の場合

複数条件判定の関数がないExcelバージョンの場合、関数を二回指定して計算します。

この例では下記のように指定します。

=COUNTIF($B$3:$B$12,">=3") - COUNTIF($B$3:$B$12,">7")
〇〇以上(より多い)~〇〇以下(より少ない)。単独条件判定(SUMIF関数など)の場合

(関数1)下限値以上の全ての件数を算出した上で、(関数2)上限値より多い件数を出し、

(関数1) – (関数2)をして以上~以下の件数を出します。

数式の解説

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

COUNTIFS関数で不等号を文字列として扱う方法

この記事の内容を活用できる関数

検索条件に一致するセルの値を合計(SUMIF関数)

複数の条件に一致するセルの値を合計(SUMIFS関数)

検索条件に一致するセルの値の平均(AVERAGEIF関数)

複数の条件に一致するセルの値の平均(AVERAGEIFS関数)

検索条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIF関数)

複数の条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIFS関数)

複数の条件に一致するセルの中の最大値を取得(MAXIFS関数)

複数の条件に一致するセルの中の最小値を取得(MINIFS関数)