Excel COUNTIFS関数で特定の文字列を含む件数を取得する方法

2019年12月6日

この記事ではCOUNTIFS関数で

〇〇を含む条件で集計を行う方法を紹介します。

COUNTIF関数でも同様に使用可能です。

手順

条件にワイルドカードという機能を使用します。

〇〇を含む

「〇〇を含む」という条件の場合、

検索条件に「*〇〇*」と指定します。(前後に*を付ける)

「田信」を含む件数の集計例
「田信」を含む件数の集計例

〇〇から始まる

「〇〇から始まる」という条件の場合は

「〇〇*」と指定します。(後ろに*を付ける)

「上」から始まる件数の集計例
「上」から始まる件数の集計例

〇〇で終わる

「〇〇で終わる」という条件の場合は

「*〇〇」と指定します。(前に*を付ける)

「康」で終わる件数の集計例
「康」で終わる件数の集計例

関連記事

文字列を比較する方法(完全一致・部分一致)

ワイルドカードのその他の機能の詳細な紹介です。

検索条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIF関数)

複数の条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIFS関数)

COUNTIFS関数でワイルドカード(*?)を文字列として扱う方法

SUMIFS関数で特定の文字列を含む条件で合計する方法

AVERAGEIFS関数で特定の文字列を含む条件で平均する方法