Excel 指定範囲内のランダムな数を複数セルに取得(RANDARRAY関数)

2021年11月6日

RANDARRAY関数は2019年に実装されたスピルの関連関数で、

複数セルに対して指定範囲内のランダムな数を設定する関数です。

RANDBETWEEN関数の複数セル(スピル)版にあたります。

この記事では、RANDARRAY関数の使い方や

既存機能(RANDBETWEEN関数)との比較を紹介します。

仕様

=RANDARRAY(行,列,最小,最大,整数)
引数省略時の値説明
行数1値を取得するセル数(縦方向)を指定
列数1値を取得するセル数(横方向)を指定
最小0取得する値の下限を指定
最大1取得する値の上限を指定
整数FALSE小数点以下を切り捨てるかを指定
TRUE…切り捨てる。(整数で取得)
FALSE…切り捨てない。(少数で取得)

使用例

最もランダムな値を取得する最も左上のセルに

関数を入力すると指定した行数・列数分のセルに

最小と最大に指定した間でランダムな値が取得されます。

この値はファイルを開きなおしや、

セルの入力モードを解除すると

新たなランダムな値に変化します。

値を固定したい場合は値貼り付けを行いましょう。

RANDARRAY関数の使用例

数式を入力したセル以外はゴーストと呼ばれるセルで編集不可能です。

(編集すると#SPILLエラー

既存機能(RANDBETWEEN関数)との比較

乱数をシートに組み込んでいて

壊されたくない場合(検知しやすくしたい)や

多くの乱数を一気に生成したい場合には

RANDARRAY関数の方が優れています。

少ない乱数を単発の用事で用意する場合は

RANDBETWEEN関数を使うのが適切です。

ただしOffice365や2019以降でしかSORTBY関数は使えないため

それ以外のバージョンではRANDBETWEEN関数だけが選択肢です。

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

Excel 関数の仕様と使い方の記事一覧