Power Automate 「ルート フォルダー内のファイルのリスト(OneDrive For Business)」アクション

2020年8月31日

「フォルダー内のファイルのリスト(OneDrive For Business)」はOneDriveの最上位フォルダに

保存されているファイル(フォルダーも含まれる)の一覧を取得するアクションです。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

利用方法

フローにステップを追加する際に「OneDrive For Business」コネクタを選択します。

フローにステップを追加する際に「OneDrive For Business」コネクタを選択

「アクション」より「ルート フォルダー内のファイルのリスト」を選択します。

「アクション」より「ルート フォルダー内のファイルのリスト」を選択

「ルート フォルダー内のファイルのリスト」ステップが追加されます。

このアクションには指定するオプションが存在しません。

「ルート フォルダー内のファイルのリスト」ステップ

「以前の手順から出力を選択」に動的なコンテンツの「body」を指定します。

これにより「Apply to each」の中に指定したアクションが

フォルダ内に格納されているファイルとディレクトリの全ての分だけ繰り返されます。

(繰り返されるたびに異なるファイルを対象とする)

最上位より下の階層を取得

このアクションで取得できる情報は最上位のファイル・フォルダのみで

それ以下の階層のものは表示されません。

それ以下の階層に進む場合、更に「条件」と「フォルダー内のファイルのリスト」を利用します。

Apply to each」の中に「条件」を設置し、

左に動的なコンテンツの「フォルダーですか?」、中央に「次の値に等しい」、右に「true」を指定します。

そして「はいの場合」に「フォルダー内のファイルのリスト」を設置し、

フォルダーIDに動的なコンテンツの「ID」を指定し、「Apply to each」を追加します。

新しい「Apply to each」のオプションには

フォルダー内のファイルのリスト」の方の「value」を指定します。

(ややこしいですが、ルートフォルダーはbody、フォルダーはvalueです)

これにより一つ下の階層のフォルダとファイルも繰り返すことが可能です。

一つ下の階層のフォルダとファイルも繰り返すフロー

動的なコンテンツ

繰り返しの対象のファイルに対して代表的な動的コンテンツは以下の通りです。

ファイルやフォルダーの付加情報が取得可能です。

項目変数の種類内容
ID文字列ファイル識別子。
名前文字列ファイル名
パス文字列ファイルのフルパス。
そのままでは使いづらいので文字列操作が必要な場合が多いです。
メディアの種類文字列ファイルのMINEタイプ
最終更新者文字列最終更新者のユーザ名
最終更新時刻文字列日時最終更新日時
サイズ整数ファイルのバイト数
OneDrive For Businessファイルのメタデータ一覧

取得できるのは付加情報のみです。

ファイルの内容であるファイルコンテンツが必要な場合はIdを利用して

ファイルコンテンツの取得」アクションで取得します。

関連記事

Power Automate 「OneDrive For Business」の記事一覧

Power Automate アクションの使い方の記事一覧