Power Automate Outlookで添付ファイル2のみファイル名を変更(コメント回答用)

2020年8月31日

2020年8月14日 18:59に頂いたコメントへの回答記事です。

こんにちは。Power Automateを使って、outlookの複数の添付ファイルをSharepointに保存するflowを作成しました。その際、ファイル1は名前変更なし、ファイル2のみ名前変更ありとしたい場合のflow作成方法が分かりません。メールを受け取りをトリガーとして、それぞれ名前変更できるものなのでしょうか。それとも一旦そのままの名前で保存するflowとファイルの名前を変更するflowを分けたほうがよいのでしょうか。ご教示ください。よろしくお願いします。

回答・1回目(添付ファイルの順番で、ファイル名を変更するかを判断)

前提

ファイル1とファイル2は添付ファイルの順番という認識で進めます。

三個目以降は添付ファイルの名前、そのまま保存します。(認識違ったら教えてください)

回答とフロー解説

メール受取トリガーのフロー一つで対応可能です。(フローを分けるほうが難しい気がします)

まず、そのフローの全体像です。

フローの全体像
フローの全体像

最初の「新しいメールが届いたとき」には任意の条件を設定します。

「添付ファイルを含める」は「はい」が必須で、

添付ファイルのあるメールにだけ起動したい否かで「添付ファイルを付きのみ」は変わります。

「新しいメールが届いたとき」の設定
「新しいメールが届いたとき」の設定

次に「整数」の変数を用意します。「名前」は任意で種類は「整数」、値は1です。

「添付ファイル件数変数を初期化する」の設定
「添付ファイル件数変数を初期化する」の設定

次に「文字列」の変数を用意します。「名前」は任意で種類は「文字列」、値は空白です。

「添付ファイル名変数を初期化する」の設定
「添付ファイル名変数を初期化する」の設定

次に「コントロール」コネクタの「Apply to each」アクションを用意します。

「以下の手順から出力を選択」には「添付ファイル」を指定します。

「Apply to each」アクションの設定
「Apply to each」アクションの設定

次に「コントロール」コネクタの「条件」アクションを用意し、以下のように設定します。

設定値
先ほど用意した「添付ファイル件数」変数
中央次の値に等しい
2
「条件」アクションのオプション設定
「条件」アクションのオプション設定

「はいの場合」と「いいえの場合」の両方に「変数」コネクタの「変数の設定」アクションを設置します。

「名前」は両方ともに添付ファイル名変数で

値は「はいの場合」は変更後のファイル名(2つ目のファイル名)で、

「いいえの場合」には「添付ファイル 名前」を指定します。

今回は一番、単純な拡張子固定(txtファイル)のケースのみ想定しています。

どの拡張子が来るか分からない場合は別途、追記しますのでコメント下さい。

「はいの場合」と「いいえの場合」の設定
「はいの場合」と「いいえの場合」の設定

ファイルの作成」アクションを追加して、保存場所を指定します。

(OneDriveのアクション使ってしまいましたが、SharePointでもすることは同じです)

ファイル名には添付ファイル名変数、ファイルコンテンツには「添付ファイル コンテンツ」を指定します。

「ファイルの作成」アクションの設定
「ファイルの作成」アクションの設定

最後に「変数」コネクタの「変数の値を増やす」アクションを設置します。

「名前」に添付ファイル件数、値に1を設定します。

これでフローの完成です。

回答・2回目(添付ファイルのファイル名から、ファイル名を変更するかを判断)

1:同じメールに添付されている複数のファイルの「ファイル1」、「ファイル2」はどのように判別されるのでしょうか。送信者が添付した順番でしょうか。それともファイル名によるのでしょうか?

先述のフローは送信者が添付した順番です。(メーラーによって挙動変わる可能性はありますが)

2:「ファイル1」の名前には、例えば必ず「Good」というキーワードが含まれており、「ファイル2」の名前には、「Bad」というキーワードが含まれている場合は、どのようにフローを設定すればよろしいでしょうか。

フロー記載します。この内容であれば「Bad」が含まれる場合だけ名前を変えればいいので

そういうフローで作っています。「Good」を含む場合と、「Good」も「Bad」も含まない場合で

挙動が異なる場合はコメント下さい。

前提

省略のため前回のフロー改修という形で進めます。

回答とフロー解説

前回のフローから赤くした部分を削除します。

前回のフローから赤くした部分を削除


条件の内容を以下のように変更します。

設定値
動的なコンテンツの「添付ファイル 名前」
中央次の値を含む
Bad
条件の内容を変更

これにより「Bad」を含む添付ファイルのみ、ファイル名を変更して保存される状態になります。

関連記事

Power Automate テーマ別の記事一覧