Power Automate 「メールに返信します(Gmail)」アクション

2021年1月4日

「メールに返信します(Gmail)」はGmailの指定メールに返信を行うアクションで、

メーラーの自動応答のような働きをします。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

このアクションに利用にはメールのメッセージIDが必要です。

これを取得するには「新しいメールが届いとき」トリガーで

自動化したクラウド フローを作成する必要があります。

初期状態のまま使うと全てのメールに自動返信してしまうため

必要に応じてトリガー部分で宛先や件名などで条件を指定しましょう。

「新しいメールが届いたとき」トリガー

トリガーの後続にステップを追加する際に「Gmail」コネクタを選択します。

「Gmail」コネクタを選択

「アクション」より「メールに返信します」を選択します。

「アクション」より「メールに返信します」を選択

「メールに返信します」ステップが追加されるのでオプションを設定します。

「メールに返信します」ステップ
項目必須説明
メッセージID返信するメールを指定します。
トリガーの動的なコンテンツ「メッセージID」を
指定する場合が殆どです。
ボディメールの本文を指定。
変数中に改行を入れる場合は<br>タグの指定が必要
全員に返信
はい(TRUE)…CCも返信先に含める
いいえ(FALSE)か省略…差出人のみを返信先にする
添付ファイルの名前「添付ファイル コンテンツ」指定時、省略不可添付ファイル名を指定。複数指定可
添付ファイル コンテンツ「添付ファイルの名前」指定時、省略不可添付ファイルの内容を指定。
ファイル関連アクションの動的コンテンツの「ファイル コンテンツ」。
複数指定可。
終了返信メールのToに指定のメールアドレスを追加します。差出人には常に返信します。
(終了の表記はそのうち修正されるかと…)
CC返信メールのCCに指定のメールアドレスを追加します。
BCC返信メールのBCCに指定のメールアドレスを追加します。
件名指定した場合は固定の件名で返信します。
省略した場合は元の件名の先頭に「RE:」が付与されます。
重要度メールの重要度を指定
・Low
・Normal
・High

メールアドレスはENTERキーで確定させて

下のような状態にしないと指定しても削除されてしまいます。

Outlookのメールアドレス指定例

関連記事