Power Automate 「項目が削除されたとき(SharePoint)」トリガー

2021年11月7日

「項目が削除されたとき(SharePoint)」トリガーは、

SharePointのリストから項目が削除された際に起動するトリガーです。

この記事では、その使い方を紹介します

利用方法

「作成」より「自動化したクラウド フロー」を選択します。

「フロー名」に任意の名前を指定し、「項目が削除されたとき(SharePoint)」を選択します。

両方を指定すると「作成」の色が変わるのでクリックします。

フローが表示されるので「項目が削除されたとき」をクリックして開き、オプションを指定します。

サイトのアドレスにはリストが属するグループを指定し、

リスト名にはトリガーの対象となるリストを指定します。

動的なコンテンツ

その後のステップで動的なコンテンツとして削除したユーザの情報などを取得することが可能です。

項目種類説明
Name文字列項目を削除された項目のタイトルです。
削除者文字列項目を削除したユーザの表示名です。
削除された時刻文字列日時項目の削除日時を取得します。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

関連記事