Power Automate 「新しいフォルダーの作成(SharePoint)」アクション

2021年11月7日

「新しいフォルダーの作成(SharePoint)」はSharePointに新規フォルダーを作成するアクションです。

活躍場所は限定的ですが、PowerAutomateで作成するファイルを格納するための

年月フォルダーを作成するといった用途が想定されます。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

フローにステップを追加する際に「SharePoint」コネクタを選択します。

「アクション」より「新しいフォルダーの作成」を選択します。

「新しいフォルダーの作成」ステップが追加されるのでパラメーターを設定します。

項目必須説明
サイトのアドレスフォルダーを作成するSharePointのグループを指定します
一覧またはライブラリ一覧またはライブラリを指定します。
Formsなどのリストなどが表示されますが、
共有フォルダ(Shared Document)である「ドキュメント」を
指定することが殆どでしょう。
フォルダーのパス作成するフォルダをキー入力で指定します。

「一覧またはライブラリ」で「ドキュメント」を指定する場合、
Shared Document以下のパスを指定します。

階層で指定する場合、途中のフォルダーがなくても作成されます。
例えば「Test/Test2」と指定しTestが存在しない場合、
Testを作成してからTest2が作成されます。

必須項目を指定して、フローを起動すれば指定フォルダーが作成されます。

同じ場所に同名のフォルダーが既に存在する場合は何も起こりません。

エラーが発生せず、フォルダーが作り直されることもありません。

(既にフォルダーの中にファイルがあっても消されません)

動的なコンテンツ

後続のステップで使用する代表的な項目は以下の通りです。

作成されたフォルダーの情報が利用可能です。

項目変数の種類内容
ID整数ファイル識別子
名前文字列ファイル名(拡張子無し)
拡張子付きのファイル名文字列ファイル・フォルダー名
フォルダーのパス文字列所属フォルダーのパス
完全パス文字列フォルダーのパス+拡張子付きのファイル名
フォルダーであるブール・True … フォルダー
・False … ファイル
登録日時文字列日時ファイル・フォルダーの登録日時。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
登録者 Email文字列ファイル・フォルダー作成者のEmail。
登録者 DisplayName文字列ファイル・フォルダー作成者の表示名。
更新日時文字列日時ファイル・フォルダーの更新日時。
協定世界時のため日本の時刻への調整が必要です。
更新者 Email文字列ファイル・フォルダー更新者のEmail。
更新者 DisplayName文字列ファイル・フォルダー更新者の表示名。
サムネイル Small文字列サムネイル(小サイズ)のURL
サムネイル Medium文字列サムネイル(中サイズ)のURL
サムネイル Large文字列サムネイル(大サイズ)のURL
アイテムへのリンク文字列ファイル・フォルダーのURL

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事