Power Automate Desktop 「新しいワークシートの追加」アクション

Excelブックにシートを追加したい場面で利用するアクションです。

利用方法

まず「Excelの起動」か「実行中のExcelを添付」に対象のファイルを指定し、

「アクション」の「Excel」より「新しいワークシートの追加」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

Excel インスタンス

対象のExcelファイルを「Excelの起動」か「実行中のExcelを添付」で

生成された変数で指定します。

新しいワークシート名

追加するシートの名前を指定します。

名前を付けてワークシートを追加

追加するシートの位置を指定します。

最初(一番左)か最後(一番右)を選択します。

生成された変数

このアクションには存在しません。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

同じ名前のワークシートが既に存在します

指定したシート名が既に存在する場合のエラーです。

ワークシートを追加できませんでした

シート数が限界を超えているなどの理由でシート追加に失敗した場合のエラーです。

関連記事

「Excel」の使い方の記事一覧