Power Automate Desktop 「Excel ワークシートにセルを貼り付け」アクション

2021年4月13日

「Excel ワークシートにセルを貼り付け」は指定セルにペーストするアクションです。

先に「Excel ワークシートにセルを貼り付け」でコピーしておく必要があります。

利用方法

まず「Excelの起動」か「実行中のExcelを添付」に対象のファイルを指定し、

「アクション」の「Excel」、「詳細」より

「Excel ワークシートにセルを貼り付け」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

転記を行うには、このアクションの前に「Excel ワークシートにセルを貼り付け」で

別のセル範囲にペーストする必要があります。

パラメータ

Excel インスタンス

対象のExcelファイルを「Excelの起動」か「実行中のExcelを添付」で

生成された変数で指定します。

貼り付けモード

ペーストするセル位置の設定方法を選択します。

選択によって追加で指定するパラメータが変わります。

指定したセル上

「列」と「行」でセル位置を指定します。

両方1を指定するとA1セルをコピーします。

もし複数のシートがあるファイルの場合は、

どのシートがアクティブになっているか不明確なため

アクティブなExcelワークシートの設定」でシートも指定するほうが無難です。

選択範囲の値

選択しているセルにペーストします。

この場合、追加で指定するパラメータはありません。

生成された変数

このアクションには存在しません。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

何らかの理由で貼り付けに失敗するとエラーが発生します。

関連記事

「Excel」の使い方の記事一覧