Power Automate Desktop 「加算する日時」アクション

2021年5月8日

日時に指定の単位(年月日時分秒)を加減算するアクションです。

利用方法

「アクション」の「日時」より「加算する日時」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

日時

計算元の日付として「現在の日時を取得する」アクションの結果(日付情報)や固定の日付などを指定します。

変数を指定する例
固定値を指定する例

加算

数値を指定します。引き算の場合は負の値を指定します。

時間単位

計算する単位を指定します。秒・分・時間・日・月・年から選択します。

生成された変数

アクションの結果が日付情報として格納されます。

この変数名は変更可能ですが、変える必要性は非常に低いです。

OFFにするとアクションを利用する意味もなくなるため変更の必要性はありません。

関連記事

「日時」の使い方の記事一覧