Power Automate Desktop「Web ページ上の要素の詳細を取得します」アクション

2021年7月31日

Webページ内のテキストなどを取得するアクションです。

このアクションは以下のアクションで自動化のために起動したブラウザーを対象とします。

利用方法

まず最初に取得対象のページを開いておきます。

そして「アクション」の「Web オートメーション」より、

「Web ページ上の要素の詳細を取得します」を

起動アクションより下にドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

Web ブラウザー インスタンス

対象のブラウザー(起動アクションで生成された変数)を指定します。

このアクションの実行時点で指定ブラウザーに

取得対象の表が表示されている必要があります。

UI 要素

対象を指定します。

入力欄をクリックすると次のようにポップアップされます。

すでにUI要素を登録している場合は対象を選択し、

未登録の場合は「新しいUI要素の追加」ボタンをクリックします。

次のウインドウが表示されるので対象にマウスを合わせます。

マウスを合わせると赤枠で囲まれます。

その状態でCtrlを押しながらクリックします。

(左矢印は不要です)※2021年7月のアップデートで文言が修正されました

次の図のように選択したオブジェクトが表示されるため完了をクリックします。

入力欄に、次のように表示されれば完了です。

記事を書いた時点では「G7「中国に懸念」宣言明記へ」という文字になっていて

それが「生成された変数」に格納されます。

時間経過で別の文字になると、その文字に変わります。

属性名

項目説明
Own Text表示されているテキストを取得します。
TitleTitle属性(マウスをあわせたときに表示されるツールチップ)の内容を取得します。
Source Link画像(IMGタグ)のsrc属性(表示する画像のURL)などを取得します。
HRefアクション(Aタグ)のhref属性(リンク先URL)などを取得します。
ExistsUI要素が存在するかを取得します。(存在する…true、存在しない…false)

生成された変数

アクションの結果が格納されます。この変数名は変更可能です。

複数の値を取得する場合は、どのような値かを示す名前に変更推奨です。

AttributeValue

取得した値が格納されます。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「Web オートメーション」の使い方の記事一覧