Power Automate Desktop Yahoo!JAPAN路線情報から交通費を自動取得

2021年10月29日

Yahoo!JAPAN路線情報から交通費を自動取得する方法を紹介します。

Excelブックの出発駅(A列)と到着駅(B列)の料金を取得し、

交通費(C列)に料金を設定します。

交通費精算や通勤経路申請などに有効なフローです。

フロー作成

まず最初に「Excelの起動」を設置し、開くブックを指定します。

結果を書き込むので読み取り専用はオフにします。

次に「アクティブなExcelワークシートの設定」でシートを指定します。

次に「Excel ワークシートから最初の空の列や行を取得」を設置します。

順番通りに設置していれば設定するオプションはありません。

次にブラウザーを起動して「https://transit.yahoo.co.jp/」にアクセスします。

IEFireFoxChromeEdgeはどれでも構わないので利用しやすいブラウザを選択します。

次にLoopを設置します。

Loopのオプションは次のように設定します。

項目設定値備考
開始値2ブックの先頭行がヘッダでなく
データであれば1を設定します。
終了%FirstFreeRow – 1%
増分1

次にLoopの中に「Excel ワークシートから読み取り」を取得するを2つ設置します。

Excel ワークシートから読み取りのオプションは次のように設定します。

変数名は任意です。

項目1つめの設定値(出発)2つめの設定値(到着)
先頭列12
先頭行%LoopIndex%%LoopIndex%
生成された変数%StationFrom%%StationTo%

次にLoopの中に「Web ページ内のテキスト フィールドに入力する」を2つ設置します。

乗り換え案内のページの出発と到着のテキストフィールドに

それぞれ%StationFrom%と%StationTo%の値を入力するようにオプション設定します。

これによりExcelの出発・到着がWebに転記される状態になります。

次にLoopの中に「Web ページでドロップ ダウン リストの値を設定します」を設置します。

乗り換え案内のページの表示順序を変更するように設定します。

今回の例では、交通費精算の場合は

最も安い金額を選ぶこと多いため「料金が安い順」設定しています。

次にLoopの中に「Web ページのボタンを押します」を設置します。

検索ボタンをクリックするようにオプション設定します。

次にLoopの中に「Web ページ上の要素の詳細を取得します」を設置します。

料金のテキストを抽出するようにオプション設定します。

次にLoopの中に「テキストの置換」を設置して円を削除します。

円が残っていても問題ない場合は、このアクションが不要です。

オプションは次のように指定します。

項目設定値備考
解析するテキスト%AttributeValue%Web ページ上の要素の詳細を取得します」で生成された変数です
検索するテキスト
置き換え先のテキスト%"%空ではエラーになるので式で空白文字を指定します。

次にLoopの中に「Excel ワークシートに書き込み」を設置し

Webから抽出した交通費をExcelブックに転記します。

オプションは次のように指定します。

項目設定値備考
書き込む値%Replaced%テキストの置換」で生成された変数です
3
%LoopIndex%

最後にLoopの外に「Web ブラウザーを閉じる」と「Excelを閉じる」を設置します。

Excelを閉じる」の「Excelを閉じる前」オプションには

「ドキュメントを保存」を設定します。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,500ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

実用例の記事一覧