Power Automate Desktop「新しい Firefox を起動する」アクション

2021年5月26日

Webブラウザの自動操作を行う際に、最初に設置するアクションです。

自動化用にFirefoxを起動します。

このアクションで起動したブラウザーを画面上に残しておきたい理由がなければ、

必要な処理の終了後に「Web ブラウザーを閉じる」アクションで閉じることを推奨します。

このアクションを利用するには事前に拡張機能をインストールしておく必要があります。

ただ自動化用に最も適しているブラウザは、

新しい Internet Explorer を起動する」のオートメーション用ブラウザなため

もしFirefoxでなくてもよい場合は、そちらの利用を推奨します。

利用方法

「アクション」の「Web オートメーション」より、

「新しい Firefox を起動する」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

ここのパラメータの詳細は後述しますが、

特段の事由(正常に動作しないなど)がなければ以下の設定を推奨します。

項目設定値 ※赤字は適宜、変更
起動モード新しいインスタンスを起動する
初期URL任意のURL
ウインドウの状態標準
キャッシュをクリアOFF
CookieをクリアOFF
ページが読み込まれるまで待機しますON
ポップアップ ダイアログが表示された場合任意

生成された変数のBrowserは、

後続のWebオートメーションのアクションのパラメータに利用します。

パラメータ

起動モード

起動するブラウザと開き方を指定します。

項目説明
新しいインスタンスを起動する推奨。Firefoxを新しく開きます。
実行中のインスタンスに接続する非推奨。既に開かれているFirefoxを自動化の対象とします。
この設定の場合、後続のパラメータが独自の物になりますが、
以下の3パターンです。
・既に開かれているはずのURLを指定
・既に開かれているはずのタイトルを指定
・最前面(フォアグラウンド)にあるFirefoxを利用
実際に動かすと正常に紐づかないケースが多く、
この種類の操作は新規で起動するほうが安定動作するため、
どうしても必要な場面以外では非推奨です。

初期URL

必須項目です。ブラウザ起動と同時に開くWebサイトのURLを指定します。

ウインドウの状態

ブラウザの大きさを指定します。大きさをブラウザに任せる標準と、最大化・最小化があります。

特に理由がなければ標準が無難です。

キャッシュをクリア

起動時にブラウザのキャッシュを削除するかを指定します。

自動化の観点ではクリア(ON)したほうが無難ですが、

そのパソコンで普段Firefoxを利用している場合に、

「新しいインスタンスを起動する」の場合はキャッシュを消すかは要検討です。

(むしろ普段利用しているブラウザを自動化に利用すること自体を再考した方がよいですが)

Cookieをクリア

起動時にブラウザのCookieを削除するかを指定します。

自動化の観点ではクリア(ON)したほうが無難ですが、

そのパソコンで普段Firefoxを利用している場合に、

「新しいインスタンスを起動する」の場合はCookieを消すのは不都合が大きいでしょう。

(むしろ普段利用しているブラウザを自動化に利用すること自体を再考した方がよいですが)

ページが読み込まれるまで待機します

OFFにすると読み込みが終わる前に後続のアクションに移行するためON推奨です。

初期URLが読み込みの遅いページで、次のWebブラウザのアクションまで

他のアクションを多く挿むような場合は検討の余地がありますが、

基本的にはONが無難です。

ポップアップ ダイアログが表示された場合

初期URLでダイアログが表示される場合の扱いを指定します。

  • それを閉じる
  • ボタンを押す
  • 何もしない

「ボタンを押す」の場合、ボタンの名前も追加指定します。

生成された変数

アクションの結果が格納されます。この変数名は変更可能です。

複数のブラウザを起動する場合は、

どのようなページを開くかを示す名前に変更推奨です。

Browser

起動したブラウザを示す変数です。

後続アクションのブラウザ指定パラメータとして利用します。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「Web オートメーション」の使い方の記事一覧