Power Automate 指定期間内の営業日数を取得する方法

Power Automateで指定期間内の営業日数を取得する方法を紹介します。

手順

Power Automateだけでは手間がかかるのでExcelシートを活用します。

まずExcelブックに「祝日」シートを用意してA列に土日以外の休日を列挙します。

この時、B列とC列の情報はなくても問題ありません。

またヘッダ行はなしで1行目からデータ行とします。

計算用のシートはテーブルに変換しておきます。

先頭行は項目です。項目名は任意ですが「No」、「開始日付」、「終了日付」、「数式」としています。

そして2行目に次のデータ行を用意します。

項目
No1
開始日付任意
終了日付任意
数式=NETWORKDAYS(B2,C2,祝日!A:A)

このExcelシートはPower Automateからアクセス可能な

OneDriveかSharePointにおいておきます。

保存後、Power Automateのフローを作成します。

フロー全体図

トリガーの次に「行の更新」アクションを設置して次のように設定します。

項目設定値
場所~テーブルブックの置き場所とテーブル名
キー列No
キー値1
開始日付営業日数を出したい期間の開始日付
終了日付営業日数を出したい期間の終了日付

行の更新」アクションの動的なコンテンツ「数式」の中に営業日数が格納されます。

営業日数は文字列(String)で取得されます。

計算などに利用する場合はint()で整数に変換する必要があります。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

便利技の記事一覧

日付(日時)データの扱い方

Desktop版での方法