Excel セルの入力値と入力規則のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を連動させる方法

2019年6月9日

概要

ドロップダウンリストが変動する例

今回の例では大区分を「哺乳類」、「爬虫類」など

ドロップダウンリストから選択し、

小区分が大区分の選択に連動し

ドロップダウンリストの内容が変わります。

サンプルファイル

設定方法

小区分の一覧表を作ります。

1行目のヘッダーは必須ではありません。

小区分の表

大区分毎にセル範囲にデータ範囲名を付けていきます。

セル範囲に名前を定義。設定と編集・削除方法

大区分のデータ入力規則を設定します。

固定値のリストを設定していますが、

セル指定でも問題ありません。

(むしろ設計上、好ましいです)

大区分の入力規則設定

小区分の先頭セルに入力規則を設定します。

INDIRECT(対応する大区分のセル)

マウス指定を行うと絶対参照となるため

$を削除して相対参照にしましょう。

小区分の入力規則の設定

入力規則を設定した小区分のセルを

下の行にもコピー&ペーストすれば完成です。

これにより複数のプルダウンリストを

連動させることが可能です。

関連記事

文字列による柔軟なセル指定を行う(INDIRECT関数)

入力規則によるプルダウン(ドロップダウン)リストの記事一覧

セルの相対参照と絶対参照の違いと使い方