Excel 柔軟なセル指定を行う(OFFSET関数)

概要

OFFSET関数はセル指定を行う関数です。

基準セルより何行、何列離れたセルの

どれだけの幅・高さかを

引数として指定します。

単独セルの値を返すことも、

セル範囲を返すことも可能です。

直接、表示する場合と、

他の関数に組み込む場合があります。

仕様

OFFSET(参照,行数,列数,高さ,幅)

<参照>
基準となるセル、またはセル範囲を指定します。

<行数>
参照から移動する行数を指定します。

<列数>
参照から移動する行数を指定します。

<高さ>
セル範囲の行数を指定します。
※省略時、参照と同行数

<幅>
セル範囲の列数を指定します。
※省略時、参照と同列数

使用例

基本的に他の関数と併用します。

別記事として挙げていきます。