Excel ピボットテーブルに元データ更新が反映されない場合の対処法

概要

ピボットテーブルに慣れないうちに

まず引っかかるのがピボットテーブルの

元データを変更したにも関わらず

ピボットテーブルの内容に

反映されないことです。

これはそもそも元データの変更が

自動で反映されるわけではなく

更新のための手順が存在します。

手順

データ更新の実行

ピボットテーブルを右クリックして

メニューより更新を選択するか、

分析から更新を選択することで

元データの内容を反映することが可能です。

データ更新

自動更新をするにはピボットテーブルを

右クリックしてピボットテーブルオプションを

選択します。

ファイルを開くときにデータを更新するの

チェックをすれば自動更新が掛かります。

セルの内容が変える度に実行するには

マクロが必要が必要な上、

戻る操作が出来なくなるデメリットもあります。

データ範囲の変更

元データの末尾に追加した場合、

データ範囲に含まれずに

データ更新をしても反映されません。

元データで対応

そのため末尾の手前で行追加をするのが

一番単純な手段ですが、

元データをテーブルに変換すると

自動調整されます。

元データを選択しホームより

テーブルの書式設定をクリックし

任意のレイアウトを選択すれば完了です。

元データをテーブルに設定

ピボットテーブルで対応

ピボットテーブルのデータ範囲を

変更する必要があります。

データ追加の頻度が多い場合、

後者にして空白をフィルタしてしまうほうが

手間がなくなります。

それにはまず分析より

データソースの変更をクリックします。

データソースの変更を呼び出す

テーブル/範囲を調整すれば完了です。

関連項目