Excel 郵便番号・電話番号に-(ハイフン)を入れる方法、削除する方法

2019年6月20日

数字のみで入力されている

郵便番号や電話番号に対して

-(ハイフン)を入れる関数はありません。

この記事ではそれを実現する

数式を紹介します。

なお当記事では関数を使用しますが

状況によっては一つだけ

ハイフンを入れたデータを作り

それをフラッシュフィルしたほうが

手間が可能性があります。

(ただしExce2013以降の機能です)

手順

ハイフンを挿入する

文字列に対して文字数や位置を指定して

一部分を切り出す関数である

LEFT、MID、RIGHTを使用します。

郵便番号

数式はこのようになります。

(郵便マークも先頭に入れます)

="〒"&LEFT(郵便番号,3)&"-"&RIGHT(郵便番号,4)
LEFT関数とRIGHT関数で郵便番号にハイフンと〒マークを入れる例

電話番号

数式はこのようになります。

LEFT(電話番号,3)&"-"&MID(電話番号,4,4)&"-"&RIGHT(電話番号,4)
LEFT関数とMID関数とRIGHT関数で郵便番号にハイフンを入れる例

空白が混ざる可能性がある場合

もし郵便番号や電話番号に

空白が混ざる可能性があれば、

TRIM関数で前後の空白を削除するか

SUBSTITUTE関数で空白を削除します。

TRIM(郵便番号または電話番号)
SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(郵便番号または電話番号," ","")," ","")

ハイフンを削除する

ハイフンのみを削除する場合、

郵便番号、電話番号ともに

この数式で削除できます。

SUBSTITUTE(郵便番号または電話番号,"-","")

〒マークも削除する場合、

SUBSTITUTE関数を一段追加して

この数式になります。

SUBSTITUTE(SUBSTITUTE(郵便番号または電話番号,"-",""),"〒","")
SUBSTITUTE関数を利用してハイフンと〒マークを削除する例

関連記事

単語間のスペースを1つ残して、単語間と前後の不要なスペースを削除(TRIM関数)

特定の文字列を置換(SUBSTITUTE関数)

左・右より文字数を指定して文字列を切り出す(LEFT/MID/RIGHT関数)