Power Automate 「選択したファイルの場合(OneDrive For Business)」トリガー

「選択したファイルの場合(OneDrive For Business)」は

OneDrive上の指定ファイルに対して任意のタイミングで起動するトリガーです。

この記事では、その使い方を紹介します。

前提条件

「Microsoft 365 Business」の「Standard」か「Premium」の契約が必要です。

利用方法

PowerAutomateの画面の「作成」より「インスタントフロー」を選択します。

PowerAutomateの画面の「作成」より「インスタントフロー」を選択

任意のフロー名を指定し、「選択したファイルの場合」を選択し、「作成」をクリックします。

「選択したファイルの場合」を選択し、「作成」をクリック

フロー作成画面に移行し「選択したファイル」ステップが表示されます。

指定するオプションは特にありませんが、

「入力の追加」を選択するとフローの起動時に入力値を受け取ることが可能です。

「入力の追加」を選択するとフローの起動時に入力値を受け取ることが可能

「入力の追加」を選択すると入力形式を選択します。

左の欄は入力値の名前です。後続ステップで動的なコンテンツとして格納されます。

右の欄はトリガー起動時に表示される入力欄の説明文です。

後続のステップでは入力値と以下の起動ファイルの情報が動的なコンテンツとして指定可能です。

項目変数の種類内容
filePath文字列ファイルのフルパス。
そのままでは使いづらいので文字列操作が必要な場合が多いです。
fileUrl文字列ファイルのURL
ユーザID文字列トリガーを起動したユーザ名
タイムスタンプ文字列日時トリガーの実行日時

フローの設定をしたら保存します。

フローの起動

OneDriveでファイルを右クリックしすると

起動可能なフロー一覧が表示されるので起動するフローを選択します。

なお最初に起動する場合はOffice365のログイン設定(フローの起動対象)を行う必要があります。

OneDriveでファイルを右クリックし、保存したフローを選択

入力値を設定し、「フローの実行」をクリックするとフローが実行されます。

フローの実行ボタン

関連記事

Power Automate インスタントフローを作成

Power Automate トリガーの使い方の記事一覧

Power Automate 「OneDrive For Business」の記事一覧