Power Automate 「ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)(OneDrive For Business)」トリガー

2021年11月7日

「ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)(OneDrive For Business)」トリガーは、

OneDrive上の指定フォルダにファイルが新規作成された際に起動するトリガーです。

このトリガーは新規作成されたファイルのメタデータ(付加情報)を取得します。

この記事では、その使い方を紹介します。

利用方法

「作成」より「自動化されたクラウド フロー」を選択します。

「フロー名」に任意の名前を指定し、「ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)」を選択します。

ファイルが作成されたとき」は

新規ファイルの内容(ファイルコンテンツ)を取得する類似のトリガーです。

また「OneDrive」が個人向け、「OneDrive for Business」が法人向けライセンスです。

ここで利用するトリガーを指定すると「作成」の色が変わるのでクリックします。

フローの作成画面に移動し「ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)」ステップが

追加されるのでパラメーターを設定します。

「ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)」ステップ
項目必須説明
フォルダー検知対象のフォルダーを指定します。
ピッカーで指定した場合はフォルダーパスに見えますが、表示だけで中身はIDです。
指定フォルダーを削除してから、同名フォルダーを作成しても別として扱われてしまいます。
サブフォルダーを含めるいいえ…指定したフォルダーのみを検知対象とします。
はい…指定したフォルダー以下のフォルダーも検知対象とします。

動的なコンテンツ

後続のステップで使用する代表的な項目は以下の通りです。

項目変数の種類内容
ID文字列ファイル識別子。
名前文字列ファイル名。
拡張子は式で抽出します。
パス文字列ファイルのフルパス。
そのままでは使いづらいので文字列操作が必要な場合が多いです。
メディアの種類文字列ファイルのMINEタイプ
最終更新者文字列最終更新者のユーザ名
最終更新時刻文字列日時最終更新日時
サイズ整数ファイルのバイト数
OneDrive For Businessファイルのメタデータ一覧

取得できるのは付加情報のみです。

ファイルの内容であるファイルコンテンツが必要な場合はIdを利用して

ファイルコンテンツの取得」アクションで取得します。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事